TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ

works

外来診療棟新営工事(平成18年5月)


鉄骨第4節(屋上階〜塔屋)建て方をしています。
塔屋(ペントハウス)は建物の一番高くなる所で各種設備機械が入る部屋となります。

鉄骨柱に高強度コンクリートを圧入しています。

屋上床配筋状況で塔屋が西側と東側に、建物中央にタワークレーンが立っています。

床コンクリート打設した後に左官工が平に均しています。
扇風機のようなプロペラを廻してその後を金コテ均しします。

地下1階の外周壁に押出し成形板を建込みしています。

渡り廊下-4(5階中央診療棟と病棟の接続)屋根ALC版を敷き込んでいきます。

上棟式を5月23日大安の日に関係者立会いの執り行いました。
最後となる鉄骨梁を吊上げているところです。

外壁PC版(工場製作したコンクリート版で外装タイルも打込みした製品)をタワークレーンで吊上げている所です。

PC版を外部に取付けしています。
5月末の現場全景写真。
外装PC版取付は1階部分を施工中で6月末に全体が完了します。


<<4月の進捗状況   6月の進捗状況>>

  外来診療棟進捗状況にもどる

TOPworks



TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ