TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ

works

外来診療棟新営工事(平成17年12月)


タワークレーンで鉄骨第1節柱吊り建て方をしています。第1節鉄骨は地下2階と地下1階の2フロア部分の鉄骨です。

柱の鉄骨を建てた後に梁鉄骨を柱に取付しています。梁鉄骨に穴が開いているのは設備配管を通すためです。

鉄骨柱と梁の接合部分を溶接するための検査をしています。

柱と梁を溶接をして接合しています。

コンクリートを鉄骨柱の中に流し込みするためホースを約10m挿入しています。

鉄骨柱の中の状態でコンクリートを入れながらバイブレーターで振動させて充填しています。

12月29日の臨床研究棟から見た現場の様子です。シートで囲った内部で地下階の躯体コンクリート工事を進めています。今冬も大雪で除排雪に多大な労力を費やして安全及び品質管理をしています。


<<11月の進捗状況   1月の進捗状況>>

外来診療棟進捗状況にもどる

TOPworks



TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ