TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ

works

外来診療棟新営工事(タワークレーン組立)


@台座の設置
アンカーボルト(直径90o×8本)で基礎コンクリートに固定しています。

Aポスト(柱)下部昇降設備組立

B旋回環受座組立(運転席)

Cブームの組立(長さ46m)

Dブームの検査(弘前労働基準監督署)

Eブームの取付
80tクローラクレーンと25tラフタークレーンで吊上げて取付けます。

F完成検査(弘前労働基準監督署)
上部の運転席部分の様子です。

G運転席は病棟7階の高さと同じです。(39m)
・運転者は毎日39m高さまでポスト内部のタラップを朝昼晩と昇り降りします。
・来年の5月初旬にもう9m上げて病棟屋上と同じ高さになり市内南側からも良くみえるようになります。
・設置期間は来年8月末迄でこのタワークレーンを解体するための小型のクレーンを屋上の設置して解体します。
・小型クレーンは西側外部に大型ラフタークレーンで下ろします。

Hタワークレーンで11月21日大安日から鉄骨の建て方を開始しました。


外来診療棟進捗状況にもどる

TOPworks



TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook お知らせ about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ