明治天皇行在所遺蹟

建立年月日 昭和5年
 わが弘大構内で、もっとも立派な石碑といえば、附属病院敷地の西北隅にある、この「明治天皇行在所」遺蹟である。その敷地は、元金木屋という津軽の名家の跡。その金木屋に、明治十四年、天皇が宿泊されたのである。
 周知のごとく、現在の附属病院は、旧市立弘前病院を引きついだもので、その移管当時、石碑は正面玄関脇にあって、しかも、白木の門を構えた囲障にかこまれ、戦時下などは、病院の職員は、朝な夕な、うやうやしくぬかづきながら、玄関を出入りしていたという。
 その後、昭和四十六年の病院改築の際、門と囲障は、行在所の建物が保存されている岩木町のお寺に移され、この石碑だけが、現在の位置に保管され、五十一年に再建をみた。
 それにしても、天皇が宿泊されたことが「ありがたき極み」の時代が弘大にもあったのある。
(キャンパス・ジャーナル キャンパス散歩Tさん執筆文より引用)