TOPに戻る policy WebForum 弘大キャンパス案内 works GuestBook about us 労働安全衛生法 史跡 光熱水量 法令 弘大植物園 リンク サイトマップ

anounce

現場見学会
平成18年5月9・11日に、外来診療棟新営工事の現場見学会を開催しました!
















 9日は、公共建築の整備に携わる方々の知識や技術の向上や情報交換を目的とし、地元自治体の技術職員(31名)を対象に見学会を開催しました。

 本工事は、県内では初めてという「コンクリート充填鋼管(CFT)構造」を採用しています。
 CFT構造は、施工性・耐震性に優れていることで、今後県内のでも高層建築物や大スパン建築物に広く採用されると思われることから、見学者からは熱心な質疑を受けました。


 また、参加者はデッキプレート(床版)に予め鉄筋が配筋され、工事短縮、品質の向上に優れているファブデッキ等を熱心に見学しいました。




 11日は、将来建設業を担っていく弘前工業高校の建築科(3年生、34名)を対象に、日頃、勉強している内容を実際に見学することで、より深い知識の習得や、早い段階から現場に慣れて貰いたいということで、見学会を開催しました。

 見学会では、まず、現場代理人の岩崎所長より本工事の概要やCFT構造についての説明を行い、その後、現場内で実際に鋼管(H=12.5m)内にコンクリートを圧入する作業や工事現場全般の見学を行いました。

 生徒のみなさんは、CFT柱に充填するコンクリートのスランプフロー試験など、普段、実習などで行うスランプ試験とは違った試験方法を熱心に見学していました。

 また、9日の見学会には、東奥日報社、陸奥新報の記者の方に取材に来て頂きました。




TOP|anounce


TOPに戻る

policy

WebForum

弘大キャンパス案内

works

GuestBook

about us

労働安全衛生法

史跡

光熱水量

法令

弘大植物園

リンク

サイトマップ