大黒松

 『○○が殿様から功により五十石加増の話があった時、加増より松が欲しいと申し出て頂いたものだ。
それで五十石松というのだ。 天守閣への登坂左手の松と、養生幼稚園の松と共に弘前三大名松の一つだと言って去った』
と巡視の高谷の話である。
「山野元命が信寿公から貰った松で、はじめは現在の医学部図書館に下り行く道の傍にあり『大清水松』と呼んだ。
このような松だが、今は医学部にある松だから、そして大きい黒松だから「大黒松」というのも心楽しいことでなかろうか。

(医学部30年史より抜粋)
献体之碑
        
この碑は、御遺体を医学の教育と研究のため弘前大学医学部に提供していただいた方がたの尊い御遺志を末永く称え、医学にたずさわる者が、その御期待に応える責任を自覚するために造られたものです。
        
平成二年十月
        弘前大学医学部         
(碑文)